乾漆工房・直 Kanshitsu Kobo・Nao

Profile - プロフィール

漆への想い

自然の”恵み・萌み”がふと感じられる、季節感ある器をはじめ、
生活空間を演出する漆の美しさを生かした、
日常に使える楽しい作品を、乾漆で制作したいと思っている。

漆との出会い

武蔵野美術大学で空間演出を学んだ。卒業後、イタリアに留学。
日本の魅力はなんだろかと改めて考える機会が多い中、
漆があったという事にふと気付いた。
帰国し、大西長利氏主宰 願船漆工房の門を叩いた。
初めて漆液を見た時、その美しさ、神秘さに感激した。
そして今、自然の素材を相手に、制作出来る喜びを感じている。

乾漆(かんしつ)とは

麻布や和紙等を麦漆や糊漆といった漆で出来た接着剤で型に張付け、
厚みの整ったところで離形して、漆を塗る技法の1つである。
日本には中国との交易が盛んになった7世紀に伝えられ、仏像の制作に 用いられた。
“japan”は、漆という意味をもっている。

楠田直子 写真
            
1975.09 東京にて生まれる
イタリア、ローマにて幼少時代を過ごす
1999.03 東京武蔵野美術大学 造形学部
空間演出デザイン学科卒業
1999.10 イタリア・ミラノに留学。
Scuola Politecnica di Designを卒業
ANRI AZUMA 建築事務所にて見習い
2001.09 留学中、漆に興味をもち帰国
漆芸を東京芸術大学名誉教授 大西長利氏に師事
願船漆工房にて修行をする
2004.09 漆芸家として独立
2005.02 柏 「樫の木ギャラリー」にてグループ展
2006.02 東京ドーム 「第14回テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト」
テーブルウェア・オリジナルデザイン部門(プロフェッショナル)
審査員賞授賞
2006.10 練馬 [ガレリア 真魚 galeria mao(旧明石邸)] にてグループ展
−暮らしに生きる漆器 大西長利と願船漆工房の弟子たち展−
2007.07 六本木 [麻布市兵衛町ホームズ] エントランスロビーにて 五人展
2007.12 広尾 [ギャラリー旬] にて個展
―あかねさす光に照らされて―
2008.04 南青山 [MA by So Shi Te]にて
「楠田直子―乾漆と現代の融合―作品のショップ展開・展示」
2008.07 柏 [ Cafe Line Candle Night ] に参加
―漆・ゆらぐ燈に癒されて―
2008.10 金沢 [わん・One大賞 2008] 優秀賞受賞
2008.10 金沢 [国際漆展・石川2009] 入選
2008.10 恵比寿「megumi ogihara 2009春夏」ファッションデザイナー 荻原恵 展示会にて
CREATED BY 荻原恵 楠田直子による漆のアクセサリー発表
2008.11 柏「アートライン柏 2008年」に参加・展示
摘水軒記念文化振興財団助成事業 楠田直子展 ―満月の海―
2008.12 練馬 [ガレリア 真魚 galeria mao(旧明石邸)] にてグループ展
―大西長利の漆北欧美術館巡回記念展―
-願船漆工房に学び漆根本哲学を実践する若い担い手たち-同時展示
2009.07 渋谷 [東急本店8階 工芸ギャラリー] にてグループ展
―漆芸の継承 大西長利と弟子たち作品展―
2009.12 広尾 [ギャラリー旬] にて個展
―楠田直子 乾漆展 いのちの源流―
2010.09 石川県輪島/金澤「urushi art work 2010 テノチカラ展」にてグループ展
2011.02 東京ドーム 「第19回テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト」
テーブルウェア・オリジナルデザイン部門(プロフェッショナル)
佳作受賞 
2013.11 奈良 [ギャラリー たちばな] にて個展
―乾漆に出会う―
2014.10 金沢 [国際漆展・石川2009] 審査員特別賞 権 相五賞受賞
2014.10 伊丹 [国際クラフト展] 入選
2016.2 東京 [奈良工芸作家六人展] 
2016.9 茨城 [座敷に遊ぶ二人展]